English

「参加する」という意味をもつ4つの表現です。 使い分けがはっきりしています。そこにただいるだけでなく、他の人と共に精神的または肉体的な参加、積極的に関わるということと、ただそこにいるだけという場合には、表現が違います。

English

would は will の過去形だと習いました。確かにそれは文法的には正解です。でも、ネイティブが使う would は、will の過去形以外で使われることがほとんどなのです。 I would say ~ についてを解説しました。この意味は「私は~と思う」になります。ネイティブが良く使う表現です。

English

appropriate,proper,suitable は、「適正な」「適切な」と言う意味で、今一つ違いがはっきりとしません。 文章によっては使い分けが無い場合もあったりと、非常に使い分けが微妙でもあります。例文を比較してみるしかありません。

English 知恵袋

How are you?と聞かれて,Fine, thank you.とこたえるのは日本人だけです。日本にいる英語の先生が死んだ英語を教え続けてきた証です。言葉は生きています。日々進化しているのです。I'm fine. と答えるネイティブは現代ではいません。fine はどちらかというと冷たい、ネガティブ寄りになり下がりました。

English 検定

明日試験という方へ。前日というのに、今初めてテスト勉強に取り掛かろうとしている方にお、テスト勉強はやってきたという方にも、テストの前日のポイントはこの3つです。 大丈夫、試験前日でもテストの点は上げられます。

English

普通とは特別でないということ.点数なら良くも悪くもない。顔なら美しくても醜くもない。 料理ならまずくもおいしくもない。こんな感じの言葉を英語で表現したいときに使われる代表的な5つ。この記事の目的はそれらの違いがはっきりわかり、文章に一番適切なものを選べるようになることです。

English

「部屋」という意味のroom は日本人に浸透していますが、「空間」という意味もあります。  日本語でも使われているスペースspaceも「空間」という意味で、ほぼ同じ意味と思っていて大丈夫です。ただし!space でないといけない場合もあるので、注意です。

English

短気という意味にあたる英単語は short tempered impatient haste があり、3つの使い分けについて悩むことがあります。とくにshort tempered とimpatient はとても良く似ています。ニュアンスは若干かわりますが言い換えても意味が通じます。haste は少し違いますね。

English

patient, endure persevere を名詞化して patience endurance perseverance 忍耐力, 根気 忍耐力 持久力 という意味になります。3つは精神的か肉体的な忍耐で、使い分けされます。

English

英単語の動詞には、そのまま姿を変えずに名詞としてでも使える単語がたくさんあります。 その中でも、姿はそのままだけど「名詞にするときに発音だけが変わる」というものがいくつかあります。 あまりないのでまとめて覚えておくことをおすすめします。テストで出やすいので読んでいただけたら得をしますよ。use abuse refuse advice/advise