コロナで国際郵便が引受停止も クリスマスカードは早めに 2020年

English 知恵袋

新型コロナ蔓延の中、世界での郵便事情の変化が起きています。
郵便物を海外にいつものように送ろうとしたら、

「1~3か月かかります」

と言われました。

今年、クリスマスカードやプレゼントを送るなら「今」です。12月に入ってから送ると年は明けてしまうことは確かです。

コロナで国際郵便が引受停止もクリスマスカードは早めに 2020年

もくじ

  1. クリスマスカードは今すぐに
  2. 国際郵便がコロナで大幅遅延
  3. 郵便の代替えとなるのかFedex
  4. 日本への郵便

海外へのクリスマスカードは今すぐに

結論を先に言います。

海外へのクリスマスカードは「今すぐ」出しましょう。
クリスマスプレゼントは今日にも買いにいって今日出しましょう。

筆者は10月30日に郵便局窓口へ行って問い合わせました。

「クリスマスカードはいつ頃出したらいいですかね?」

「今すぐです。今出してぎりぎりつくかどうかというところです」

と言われ11月4日に出しました。【12月3日にアメリカ到着でした】3か月ではなく1か月で済みました!

クリスマスカードの英語での書き方、喪中のとき

国際郵便がコロナで大幅遅延

https://www.post.japanpost.jp/cgi-kokusai/

筆者は先日日本からハワイに郵便物を出そうと都内の郵便局の窓口に行きますと、

「郵便局の窓口では1か月から3か月ほどかかりますが、よろしいでしょうか。」

と聞かれ、言葉を失いました。
1か月と3か月では大違いだからです。
30日と90日ですよ! その差は60日です。

3か月かもしれないけど1か月かもしれない。
これはお誕生日プレゼントだったら大変困ります。
早すぎるかもしれないけど遅れるかもしれないからです。

結局筆者は、封書の書類でしたが最悪送れるようならファックスやメールで「原本はあとから届きます」と先方に知らせリカバリはできそうだと思い、切手を買って出しました。

このときはFedexのことは頭に浮かばず、ほかに選択はないと思ったのです。

結果、通常7日しかかからないところ40日かかりました。
90日はかかりませんでした。
ラッキーだったのかもしれないです。
もし小包だったらもっとかかったかもしれませんが、郵便局の方も

「イレギュラーなので何とも言えません」

とのことでした。

これなら高いエアメール料金で送る価値があるのでしょうか?
船便なら1か月かかるけど料金は割安です。船便に変えたほうがいいのでしょうか?

答えは、NOです。エアメールで出すべきです。

なぜ、これほどまでに郵便が遅れてしまうのでしょうか。

まず、エアメールの場合飛行機便で運ぶわけですが、その飛行機の便が減便になっています。

そのため、郵便物が国内を出るのにいつもより時間がかかるのです。

第二に相手国に到着してからも、空港で郵便物がかなりの日数保留になるようです。

空港で働く検疫官の人手不足、税関での検査が滞っています。
空港から郵便局に運ばれてからも、各郵便局では郵便物の殺菌をします。

配達になるまでのプロセスは増え、人員が不足しているのです。


郵便の代替となるのかFedex

Fedexに問い合わせをしたところ、10月から受付を再開したようです。

Fedexは専用飛行機も持っているので早いのでは?と期待できそうなのですが、いまだに寄生しているサービスもあります。

たとえば「マネーバックギャランティー」と言って、指定された日にちに遅れた場合送料を返してくれる制度があるのですが、それも現在は休止中です。
送った荷物に署名をもらって証明とするのですが、感染防止の視点から対面を避けなくてはならず、できません。

つまり郵便でも、Fedexでも事情はあまり変わりません。
ただし、状況はいつでも変わりうるのでこまめに問い合わせをするしかありません。

Fedex問い合わせ

アジア太平洋地域からヨーロッパおよび中東/インド亜大陸/アフリカ(MEISA)へのフェデックス・エクスプレス・エコノミーサービスは再開しております。一方、アジア域内やアジア太平洋地域から上記以外の国・地域へのフェデックス・エクスプレス・エコノミーサービスは引き続き一時的に停止しております(2020年10月31日 HPより)

https://www.fedex.com/ja-jp/home.html

日本への郵便

日本への郵便事情は、以前と変わりません。

通常1週間かかるエアメールも普段通りに届きました。(10月)
ただ、郵便局の案内では「遅延しています」とのことです。

運次第ということでしょうか。

【まとめ】コロナで国際郵便が引受停止も クリスマスカードは早めに 2020年

  • とくにアメリカへのエアメールは2020年現在1か月以上かかっています。
  • クリスマスカードやプレゼントを出すなら「今」です。

Read Later