おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

おうちでドック 自宅で人間ドック・健康診断

知恵袋

人間ドックを毎年やっているのに、

「コロナが怖くて病院に行きにくい」

「来年行けばいいや」

「ことしは見送ろう」

と今年の人間ドックを延期してしまってる方へ、第2の選択肢があります。

自宅で人間ドック 完全非接触型 子供を預けず

もくじ

  1. テレビで紹介された検査キットはこれ
  2. がん検査の頻度
  3. おうちでドックをおすすめの人
  4. 血液検査なんて自分でできるの?
  5. 無料付帯サービスが充実
  6. おうちでドックの検査内容
  7. おうちでドックのデメリット
  8. コロナの影響でがん死が増える

テレビで紹介された自宅検査キットはこれ

8月の志らくさんのTBS番組グッとラック!で紹介されていた、自宅でできる人間ドックの検査キット「おうちでドック」ハルメクベンチャーズの製品、21780円です。

申し込み後、検査キットが届きます。採取の必要なキットはすべてそろっています。開始から発送まで10分程度で終わります。

自分で数滴の血液と尿をキットの道具を使って採取。送り返す封筒には切手も貼ってありますから、郵便局まで行く必要もありません。検査で異常がなければそれで終わり。 アフターサービスが手厚いので、気になることを6か月間ものあいだ相談できます。

がん検査の頻度

緊急事態宣言やステイホームで、病院側でがんの検査が中断されていたり、検査で病院に行くことをためらっている人が大勢います。
来年に延長したいとしても、皆考えることは同じ。来年の人間ドックって予約がいっぱいになって取れないでしょう。

がん検査の頻度は、肺がん・大腸がん検診は1年に1回、胃がん・子宮頸がん・乳がん検診に関しては、2年に1回と、推奨されています。

あなたが最後に受けた検査はいつでしょうか?
1年ごとの検査なのに、2年あけることになってしまってませんか。

おうちでドックをおすすめの人

  • ちいさなお子さんがいらっしゃるママ、お子さんを預けて人間ドックのアポが難しい方
  • コスト面で人間ドックにかかれなかった方(人間ドックコストは5万~10万)
  • 多忙の方、仕事や介護でアポがとりずらい方
  • フリーランスや自営の方

おうちでドック(女性用)のご購入はこちら

自宅で血液検査!?自分でできるの?

検査には「数滴」の血液が必要です。
「自分で指を針でさして血液を出すの?無理無理!」
という声が聞こえてきます。

針が、キット専用に工夫されていて、刺す深さを間違うこともなく、刺さったら引っ込む設計なので、想像しているほどの恐怖も痛みもありません。縫い針の太さとは全く違います。

おそらくここが一番躊躇する点だと思ったので、動画を載せておきますね。

お家でドックは無料付帯サービスが充実

  • 健康相談、スマホでのチャット無料(看護師)6か月
    ※新型コロナウイルスに関する相談もOK
  • 医師紹介サービス(6 か月間、何度でも無料)
    ※検査内容だけではなく、自分や家族のあらゆる病気の相談、医師を紹介
  • 健康相談電話(医師)(1 回 15 分間)
    ※健康相談電話は新型コロナウイルスの相談はできない。検査結果に関する事のみ
  • (がんが確定された人限定)セカンドオピニオンサービス

おうちでドックの検査内容 

  • 【がん】3種類
    大腸がん、食道がん
    (女性・・・子宮がん、乳がん)
    (男性・・・前立腺がん)
  • 【生活習慣病】10種類
    糖尿病、動脈硬化、腎疾患、肝臓疾患、脂質代謝異常、高血圧、痛風・尿路結石、肥満度、栄養障害

おうちでドックのデメリット

ここまで、メリットばかりを書いてまいりました。では、デメリットはどんな点でしょうか。

  • 自宅でのキットも病院での人間ドッグも、偽陰性、偽陽性、過剰診断の可能性はありうるという同じデメリットを抱えております。
    でも、「受けない」ことで生じるデメリットと比較してみてください。

コロナの影響で「がん死」が増える?

「日割りで計算すると、1日に2500人以上が新たにがんと診断され、1000人以上ががんで命を落としていることになる。COVID-19の感染者数も当然気になるところだが、癌診療・検診も同時に真剣に考えないといけない」と国立がん研究センター中央病院検診センター長の松田尚久氏は語気を強める。

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00009/071900069/

スクリーニングが死亡率減少に最も寄与

大腸がんは、便潜血検査や大腸内視鏡検査によるスクリーニング(検診)法が確立しており、早期に発見し内視鏡下で摘除すれば完治可能ながんであることも知られている。実際、大腸がんスクリーニング受診率が70%以上と高い米国では、50歳以上の大腸がん罹患率が2000年以降32%減少し、その死亡者数も34%減少していることが報告されている 

https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/feature/00009/071900069/

【まとめ】アポが要らない 低価格の人間ドック

健康診断や人間ドックを、見送ってしまっている方、様々な理由で諦めている方はリスクを一日も早く軽減してください。

おうちでドック(おトクな男女2個セット)のご購入はこちら