おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

伊藤健太郎の英語力 留学経験と効果的な英語勉強法

伊藤健太郎

今日から俺は」のドラマ映画化でますます人気の伊藤健太郎さん。

伊藤さんの英語力は、目を見張るものがあります。

伊藤さんはこの若さで、どのようにレッドカーペットで大物に英語でインタビューを受けられるほどの力をつけたのでしょう。

彼の英語力を、英語講師を務める筆者が厳しい目で分析します。

伊藤健太郎の留学経験と効果的な英語勉強法

もくじ

  1. 伊藤健太郎の英語インタビュワー
  2. 伊藤健太郎の留学先はモルモン教のユタ州
  3. 伊藤健太郎プロフィールと愛用ブランド
  4. 伊藤健太郎学歴 中学受験あり

伊藤健太郎の英語インタビュワー

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のワールドプレミアムにアンバサダーとして参加されていた伊藤健太郎さん。

通訳なしで、主役トム・ホランドに直接英語でインタビューです。

伊藤さんの、まっすぐにトムを見つめる全く臆しない態度とフレンドリーさにびっくりです。

 

伊藤健太郎の留学先はモルモン教のユタ州

伊藤さんは、アメリカのユタ州に留学の経験をお持ちです。

アメリカのユタ州はモルモン教を信仰している人の率は71%(2020年)が大変高いことで知られています。

モルモン教信者はアルコール、たばこ、カフェイン、などのし好品を一切摂りません。とくに振興熱心でなくても、小さい頃からそういう生活なのでそのようなものをとる習慣がないのでこの州ではコカ・コーラさえも売れないほどです。 

そのような質素で真面目な人が多いユタでは、遊びの誘惑はすくないでしょう。

もしかしたら伊藤さんもモルモン教の教会にも連れていかれたかもしれないですね。

ユタ州はザイオンという雄大な自然にも恵まれており、観光スポットとして、冬はスキーリゾートで名高いです。

高校の留学であれば、海外の高校も出席扱いにしやすいため、1年間などと長期留学をする人が多くいます。

伊藤さんの場合中学での留学であり、親の単身赴任というわけでもないのでおそらく「夏季のみ」「春のみ」などの2週間前後の「短期留学」の可能性が高いですね。

また、伊藤さんの勉強方法として「洋画」が勉強になっているようです。

伊藤さんは、zipでも「zipシネマ」という映画紹介の冠コーナーを担当していたほど、洋画の大ファンとして知られています。

<

お若いのに、役者としての目でアクターの演技を分析。

映画やアクターの魅力を存分に語られます。
まるで「令和の淀川長治」です。

伊藤さんの映画評論を聞くと、ものすごくその映画に引き付けられます。

おそらく同じ映画を回数観ており、吹替ではなく英語で見ているからこそ、あのような解説が可能なのです。

そして、英語の知識よりももっと大事なもの。それは性格です。

英語は「性格」がものすごく上達を左右します。

やる気があればうまくなるというわけではありません。

日本語でも会話のキャッチボールが下手な人は英会話もだめです。

というわけで、話を広げていく能力気転。また言い換えたり表現力の豊かさを持つ伊藤さんが英会話が上手なのはうなづけます。

伊藤健太郎プロフィールと愛用ブランド

本名:伊藤健太郎
生年月日:1997年6月30日
出身:東京都
身長:179cm
血液型:A
所属事務所:イマージュエンターテイメント
デビュー:2012年モデルとしてデビュー
好きな役者:木村拓哉
愛用のブランド:Supreme(シュプリーム)

伊藤健太郎学歴

聖徳学園中学高等学校という武蔵野市にある私立の共学、中高一貫校出身です。

私立中高一貫校はいわゆる「エスカレーター式」ではなく、中学で成績が落ち込むと高校にあがれないことがあります。

伊藤さんはやることはきちんとやっていた中学生だったと言えます。

つまり、中高の英語はきちんとやっていた。英語の基礎はできていたのだろうと推測されます。

バスケ部や応援団長などをやったりとアクティブだったようですね。

 

【まとめ】伊藤健太郎の留学経験と効果的な英語勉強法

  • 私立中学で良い環境を持っていた
  • 洋画は英語で、複数回見ている
  • 留学経験がある(ステイ先の環境が良い)
  • ハリウッドという高い目標がある
  • コミュニケーション能力が非常に高い