小栗旬の英語力 留学を経験しハリウッドを狙う

英語ペラペラな芸能人

小栗旬さんが、アメリカに家族で留学していると2020年話題になりました。
ハリウッド映画俳優を目指しているのだそうです。
キングコングに出演されました。
小栗旬さんの、英語セリフはこれまで2回ありまして、テレビ東京のドラマ「2つの祖国」が2019年。その前は2016年になります。

このたった3年間で、小栗さんはものすごい英語力を身に着けられています。
英語セリフの部分を文字起こし、分析いたしました。
小栗さんの勉強法にも迫ってみたいと思います。

小栗旬の英語力 留学を経験

もくじ

  1. 小栗旬の英語セリフ 2019年 二つの祖国
  2. 小栗旬の英語セリフ 2016年 
  3. 小栗旬の英語勉強法・留学について
  4. 小栗旬のプロフィール

小栗旬 2019年二つの祖国での英語

  • Nobody hid no spoon.
    だれもスプーン何て隠してはいない
  • How should I know.
    自分の知ったことじゃない
  • How come are you lot accusing only us Nikkei?
    なぜあんたたちは我々日系人だけを疑うのだ
  • You need to help him or he is going to die.
    あんたたちは彼を助ける必要がある、でないと彼は死ぬ
  • I am an American. I was born in America. I am an American Citizen.
    自分はアメリカ人だ。自分はアメリカで生まれた。自分はアメリカ市民である。

✅America につく冠詞は、an で、 正しく発音できています。

  • That’s it? 
    それだけか

✅thの発音も上手。 tの発音はきちんと無声音で発音できています。

  • Can’t just see if he needs help?
    彼が助けがいるかってこともわからないのか

✅if は 「~かどうか」と言う意味です。

  • If he dies here, I’ll bring this matter code of law that Geneva Convention states that you can’t abuse prisoners of war.
    もし彼が死んだら、捕虜への虐待を禁止するジュネーブ条約の一項にふれることを持ち出して訴えてやる

✅ジュネーブと日本語で言いますが、英語で正しく「ジェネバ」と発音しています。
✅matter の ttをアメリカ人は「ら」と発音するのですが、こちらもネイティブっぽい発音になっています。

  • This is clearly violation of international law.
    これは明らかに国際条約の違反だ。

✅ここで小栗さんの横顔がアップになりますので口の動きを見てみましょう。
✅唇がとんがったり引っ込んだりと、かなり動きがありますね。これが英語らしい英語に聞こえるコツでして、日本語では唇をあまり動かさないで話せますが、英語は違うのです。
✅さらに、low この単語を ロウと発音してしまう日本人が多いところ、小栗さんの口は正しくラウときれいに発音でき、口も正しい形になっています。
✅あえて指摘させていただけるなら、violation の vを破裂音にするとよいと思います。

小栗旬 2016年の英語力

2008年「夢をかなえるゾウ」での英語力

  • Certainly.
    もちろんだ

✅ かたかなを読んでいるかのような英語です。「サートン」rの音は聞こえてきません。

  • There’s a risk.
    リスクがある

✅thの発音が日本語の「ゼ」としか聞こえません。

とても短い英語セリフで、完璧に暗記をしていますが、発音がまるでカタカナを読んでいるかのような感じです。
2019年の二つの祖国とは雲泥の差。
3年だけで、かなりの進歩ですよね。

小栗旬の英語勉強法・留学

小栗さんはハリウッド俳優を目指しており、2020年公開予定だった「ゴジラVSコング(仮)」に出演のため、2019 8月に妻の山田優さんとと2人のお子さんを連れてアメリカ・ロサンゼルスに渡りました。(映画はコロナで延期になりました)

小栗さんのお子さんたちは日本のインターナショナルスクールに通っており、語学力のあるご家族のようです。
自然に家庭内の会話も英語で会話は、取り入れやすいですね。

2020年10月の『さんまのまんま秋SP』にゲスト出演されたときにお話しされていました。
小栗「現場に行ったらものすごい苦労したんですよ…英語もすべて」
小栗さんは、英語でのセリフそのものよりも、コミュニケーション面の壁に苦労されていたとのことです。

帰国してからも、努力を続け、現地で習っていた先生からほぼ毎日オンラインで英会話レッスンを続けていらっしゃいました。
その結果、普通に会話もできるようになったという手ごたえがあるのだそうです。

小栗さんのお兄さまが、大学4年間はアメリカの大学に通われていたようですので、おそらく渡米することに対してのハードルはあまり高くなかったのではないでしょうか。

小栗旬のプロフィール

本名:小栗旬
生年月日: 1982年12月26日
出生地: 東京都
身長: 184 cm

Read Later