福士蒼汰の英語の勉強法と学歴

英語ペラペラな芸能人

福士蒼汰さんは、見た目のイケメンさだけではなく英語の流暢さとしても知られており、知性もプラスされた上級の俳優さんです。

国際映画祭で、流ちょうな英語でスピーチをされたり、ドラマで英語セリフがネイティブ並みに言えたりするのを見ると、福士さんは帰国子女かインターナショナルスクール出身なのだろうと思ってしまいますよね。

ところが福士さんは、なんと独学で英語をコツコツやってきて実力を身に着けたという、努力家なのです。

この記事では英語講師の目線から、福士さんがどのくらいの英語力をお持ちなのか、またどのようにこの英語を身に着けたのかという勉強法の秘密についてスポットを当てました。

ファンの方だけでなく、大人から英語を再開されている方にも参考になると思います。

福士蒼汰の英語の勉強法と学歴

もくじ

  1. 福士蒼汰 ドラマの英語セリフ Diver
  2. 福士蒼汰の英語スピーチ
  3. 福士蒼汰 名探偵コナンで英語アフレコ
  4. 福士蒼汰の英語勉強法
  5. 福士蒼汰のプロフィールと経歴

福士蒼汰 ドラマの英語セリフ Diver

Diverの4話で福士さんの英語のセリフがあり、そのあまりの流暢さに話題となりました。

テロリストのふりをする黒沢兵悟のシーン。
最後のところ。

Check!
I’m watching you.
If you tell anybody about this, you are dead.

「確認しろ。お前を監視しているぞ、もし誰かにばらしたらお前の命はない。」

日本語は平たんなため、日本人にとってはイントネーションが苦手です。福士さんの英語は発音はもちろん、イントネーションがとても英語っぽく表現されています。

福士蒼汰の英語スピーチ

2014年の第9回ローマ国際映画祭で、福士さんは英語でのスピーチをされています。

大絶賛された福士さんの英語ですが、実際はどうだったのでしょうか。
英語講師の筆者が分析してみました。

単語をひとつひとつ発音しているのではなく流れるように「文」として発音しています。 

発音は英語らしくきれいですが、「r」の入っていない単語に「r」の発音を入れてしまうのがクセのようで、数か所それが気になりました。

文法には、まったく間違いが見当たりません。ゼロミスなのです。つまり福士さんはこの文章は「セリフ」として丸暗記されているのでしょう。

通常ネイティブであっても、言い直したり多少言葉を選ぶような「間」ができるものです。

福士さんのこのスピーチでは、この「間」がまったくなく、やや不自然に聞こえます。ちょっと演技で

「そうですね、何と言いますか、、」
what shall I say.. 
I would say…
みたいな、ちょっと言葉につまったような「独り言」をいれていたほうが「暗記スピーチ」に聞こえなかったのに、と思いました。

もうひとつ、惜しいところはちょっと「硬い」かなというところです。
硬いとセリフを「丸々読んでいる感」が出てしまいます。
セリフの作成をどなたがやられたのかわかりませんが、日本人が作成した気がします。
なぜなら文章が作文や教科書みたいになってしまっていますので。

お若いので、スラングの一つでも入れてたらもっと生き生きとしたスピーチになったのに、ちょっともったいない気がしました。
ネイティブの人に原稿を作ってもらったらよかったですね。

とはいえ福士さんは、文章を「まとまり」で話しており、これは意味も文法も完全に理解していなければできないことです。

福士さんの英語の実力は確かに上級だといえます。

福士蒼汰名探偵コナンで英語アフレコ

2014年、お笑い芸人のパックンと「名探偵コナン異次元の狙撃手」で英語セリフのアフレコがありました。(先ほど紹介した動画に一部紹介されています)

また同じ年、品川エトワール女子高校へサプライズ授業出向されています。
品川エトワール高校の皆さんが、うらやましすぎます!

Good morning class! How are you?

この質問に、生徒さん固まっていますね(笑)気持ちわかります!!
やっと Fine.と消え入る声が聞こえてます。
福士さんがサプライズで現れたので、fineじゃ弱すぎです。
So excited! 
というところでしょう。

福士蒼汰の英語勉強法

福士さんはあるインタビューで、英語の勉強法について聞かれていました。

「どんな秘密があるんだろう」

「きっと個人レッスンか何かに行ってるんじゃないの?」

と思いきや、俳優さんにしては大変地味な勉強法に驚きました。
中学時代からコツコツと英文法や単語を覚えてきていました。

単語の暗記法も、登下校中などのスキマ時間にぶつぶつ単語を発音するという、大変地道な努力をされています。

福士さんの出身高校は偏差値59の、上位校です。
英検2級も高校で取得されています。
英検2級は高校生3年分と言われていますが、単語力がないと大学生でもなかなか受かるものではありません。

シャドーイングは、大変有効な勉強法として(文法も、語彙も、発音も、リスニングも同時に学習)筆者も推奨しております。

福士蒼汰さんはこのやり方でぐんと伸ばしたのでしょう。

シャドーイング勉強法について、福士さんご自身のツイート

福士蒼汰のプロフィールと経歴

生年月日 :1993年5月30日
出生地 :東京都
身長 :183 cm
血液型 :O型
出身校:都立目黒高校 (偏差値59)
デビュー:2011年『美咲ナンバーワン!!』(日本テレビ)にて俳優デビュー

【まとめ】福士蒼汰の英語の勉強法と学歴

  • 福士蒼汰さんはコツコツと地道な努力し英語力をつけた
  • 英語文法や単語の基本をまずつけたことで、伸ばすことができた
  • シャドーイングという効果のある勉強法で文章力を伸ばした
  • 努力を続け、英語力を進化させている

Read Later