おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

時間がないなら 英検S-CBTがお勧め 会場選べて二次も同日で一日完結 注意点

検定

英語検定を受験する人の多くが
「筆記と面接と2回も日曜が潰れる!」
「会場を勝手に決められ、遠い知らない町に行くの無駄!」

さらに、1か月後の二次試験面接にもまた出向くのですが、二次の会場もどこになるかわかりません。

受験者の負担が大きかった英検は、英検S-CBTで受験すれば、お悩み解決
「一日で二次試験まで完結」
「希望の会場が選べる」
「毎週実施」なので、忙しい受験生や社会人の方でも日にちが合わせやすく負担がかなり軽減できます。

従来型の英検とどう違うのか、同じ資格をもらえるのか、申し込み方法など、わかりやすくまとめました。

✅本記事は「まとめ」です。詳しくは、日本英語検定協会のHPをご覧ください。

✅4級、5級、1級受験の方は、CBT受験はウケられないので、本記事は読む必要がありません。

併願可能 英検S-CBTがお勧め 会場選べて二次も同日で一日完結

もくじ

  1. S-CBT英検 とは
  2. 従来型英検メリットとデメリット
  3. どの受験方法でも変わらないこと
  4. こんな人は従来型がおすすめ
  5. S-CBTは同日に面接アリ 一日完結
  6. スタギアはおすすめしません、おすすめはネットドリル
  7. S-CBT 合否結果はいつ発表?

S-CBT 英語検定 の特徴

  • 二次試験まで1日で完結
  • 対象は3級以上
  • 毎週土曜日・日曜日での実施 
  • 申し込みはWEBのみ
  • テストセンター会場での受験、会場を選べる、時間帯も選べる
  • 出題はコンピュータースクリーン上
  • 回答形式を申し込み時に選ぶ(紙と鉛筆または PC画面上)
  • 受験票は自分で印刷

従来型 英語検定 のデメリット

従来型の受験方法で受ける英検は、

  • 年3回実施 予定を合わせなくてはならない
  • 会場は広いエリアでしか選べない
  • 二次試験は別日、また違う会場に

どの英検受験方法でも変わらないこと

こんな人は従来型 英検がおすすめ 

  • パソコン入力が苦手 紙ベースが好き
  • 前回の試験で一次免除をもらっているので使いたい
  • 拘束時間が短いほうがいい=二次試験が別日のほうがいい

S-CBTは同日に二次試験面接あり 一日完結

面接といってもPC相手なので、PCが質問して受験者が答え、それが録音されます。

質問が聞き取れない場合は、 pardon? のボタンを押せば、問題を繰り返し聞けます。

面接の対策もしておきましょう!
英検準2級 二次試験面接テンプレ 10人に1人が落ちる?
英検3級二次試験面接 10人にひとりは落ちる4つの原因

CBTテストセンター

スタギアはお勧めしません・おすすめはズバリネットドリル

英検に申し込むとアマゾンギフト券がもらえるお得な「スタギア」の広告が目につきます。

ズバリ。おすすめしません。英語教師の目線から「英検スタディギア」は効率的ではないと感じます。

旺文社英検ネットドリルは、英検の参考書が4冊分入ってまして、ブラックリスト・弱点リストが自動的に作られます。

英検S-CBT 合否結果いつ発表?

試験日から約1か月後にメールが届き、そのメールの中のURLコードをクリックし、自分の受験番号とパスワードをいれる(申し込みのときの)と合否がわかるようになっています。

時間がないなら 英検S-CBTがお勧め 会場選べて二次も同日で一日完結【まとめ】

  • メモ用紙は配布されるものしか使えない
  • 申し込みは先着順。早めに申し込もう。
  • 準1級受験の方は、会場が限定されているので注意が必要です。
  • 会場は「英検会場」という看板がわかりにくいので早めに着こう!
  • 席ごとにパーテーションで区切られている。
  • 不合格でもスコアによっては一免資格が付与される
  • ダブル出願もできる