中川大志 英語を学び続け海外進出を狙う

英語ペラペラな芸能人

中川大志さんは、2019年日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し乗りに乗っています。

中川さんは、日曜ドラマ「親バカ青春白書」での役柄のようにあの王子様のなルックスでありながらコメディー的な役柄が似合うという貴重なキャラをお持ちです。

見た目の素敵さだけでなく、ダンスと英語の能力が光る俳優さんであります。

中川さんの目鼻立ちから、ハーフ?クオーター?
実は帰国子女?という説がありますが、英語力は努力のたまものでした。

英語講師を長年務める筆者が、中川大志さんの英語力を分析いたしました。

中川大志 英語を学び続け海外進出を狙う

もくじ

  1. 中川大志の英語の発音シーン
  2. ソニック・ザ・ムービー中川大志 AERAの記事
  3. 中川大志は帰国子女?英語の勉強法は?
  4. 中川大志のプロフィール・愛用品

中川大志の英語の発音シーン

竹内結子さん主演の「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」の第3話では、中川大志さんの流暢な英語セリフが聞けます。

中川大志さんの
cashless
wallet point
の発音にご注目ください。
短いのですが、発音は100点です。

次の動画では、中川大志さんがディーン藤岡さんとのブーブークッションいたずらのエピソードを話しています。

Not me!
僕じゃないよ(おならしたのは)

とても簡単な英語ではありますが、意味が分かるから覚えているわけです。
発音も100点です。

ソニック・ザ・ムービー 中川大志 AERAの記事

ソニック・ザ・ムービーでは、主人公ソニック役の声を演じた中川大志さんのインタビュー記事は、山下智久さんが表紙の、AERA English spring summer 2020号で読むことができます。

前回はパイレーツ・オブ・カリビアンでも吹き替えを演じたそうですが、日本語の吹き替えのセリフは、そのつど翻訳家さんと相談しながら決めていくようです。

英語のフレーズと日本語訳での長さのギャップや、意味合い。そのあたりを翻訳家さんがたとじっくりとミーティングして仕上げていく過程において、「英語の勉強になりました」と話しています。

中川さんは、この作品では、all right や No problem などは、英語のままで吹き替えしているようですが、その発音がネイティブ並みとのこと。

中川大志は帰国子女?英語の勉強法は?

中川大志さんは、週刊ザテレビジョンで Be Ambitious! という連載に登場しています。
ちなみに
Be Ambitious! 
この意味は「大志をいだけ!」という意味で中川さんのファーストネームとかけているタイトルになっております。

中川さんの海外の思い出についてが語られていました。小学生のころのニューヨークの思い出です。1週間ほど滞在したそうです。
帰国子女ではないですが、このときにずいぶん刺激を受けたようですね。

文部科学省のインタビューでも、「映画ちびまる子ちゃん」での外人さん役の声を演じたことでインタビューを受けました。
そこで中川さんは、叔父さまがずっとニューヨーク在住で、叔父さま宅に滞在しながらスタジオでビジターとして1週間ほどダンサーとして参加し、ブロードウェイダンスセンターに行ったことがあるとのこと。

やはり英語でコミュニケーションを取ったはずでしょうから、中川さんのそのときの経験が生きていると思います。

また、中川さんはふだんからアメリカ人の先生について英語のレッスンを受けているようです。

「いつチャンスが訪れるかわからない。英語が話せれば海外作品のオーディションのために準備をしておかないと」(AERA English spring summer 2020号より抜粋)

海外進出を狙う中川さん。楽しみですね!

中川大志のプロフィール・愛用品

本名:中川大志
生年月日: 1998年6月14日
出生地: 東京都
身長: 179 cm
血液型:B型
愛用品:朝の光で起きられるめざましカーテン

【まとめ】中川大志 英語を学び続け海外進出を狙う

英語のレッスン受講中

帰国子女ではないが、英語はコンスタントに努力している

Read Later