おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

in front of と before 「~の前に」意味と違い

English

in front of も before も「~の前に」という訳になります。

果たしてまったく同じ意味なのでしょうか。 

これらは中学で習い、どちらも良く知っているはずの英単語なのに、いざ英作文となると混乱してしまうことありませんか。

この記事を読んでいただければ、すぐにこの2つの違いがはっきりし、今後絶対にテストで迷うこともなくなると断言します。

in front of , before 使い方と対義語

  1. in front of
  2. before
  3. 区別しない場合
  4. スピーチ、詩では before

in front of ~  ~の前に

~の前に
✅ 対義語 in front of ⇔ behind
in front of は純粋に位置関係を表します。

  • in front of door ドアの前に
  • in front of me 私の前に

before ~の前に

~の前に
✅ 対義語 before ⇔ after

①前置詞 beforeは、「~の前に」という意味ですが、時間的な「前に」です。

  • before dinner. 夕食の前に

②社会的・人間的関係の順番においての「前に」を表現します。
たとえば before God だと,ポイントは位置ではなく立場の上で、「神前で・神に誓って」になるわけです。 

  • to take an oath before God 神前に誓いを立てる

区別しない場合

  1. The accident occurred in front of my eyes
  2. The accident occurred before my eyes 

この2つの文章を比べてみましょう。

意味的には同じで、両方とも、「事故は自分の目の前で起こった」となりますが若干ニュアンスがことなります。

②のほうが「目の前」で起きたことに対して感情が働いており、を強調したい感があります。 

実際、before my very eyes と very をつけることがほとんどです。

✅生きていく上で多くの問題が私たちの前に立ちはばかります。
それらは the problems before us です。

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)

スピーチや、詩においては、before

Before は時間的な「前に」というときにだけ使うと解説しました。 
スピーチや、詩では、front of を before に言い換えることが多々ありますので追記しておきます。 

before のほうが「ドラマティック」な感じがするからです。
例外として覚えておいていただきたいと思います。

  • There are a lot of problems before us. 私たちの前にはたくさんの困難があります。 →スピーチ文なので in front of よりこちらの言い回しが当たり前です。
  • “I stand here, before you now…” 「私はここに、あなたの前に立ち、、」有名な詩の一部で in front of とは言いません。

【まとめ】in front of , before 「~の前に」使い方と違い

  • before 時間的 例外有り
  • in front of 位置的
  • 区別しない場合もある