おきがる英語ブログ 英語がイマイチだった人による 英語がイマイチな人のためのブログ

英文ライティングを上達させるには 添削しかない! TEAPや英検3級以上必見

English 検定

どんな優れた英語学習アプリや英語の教科書を使っても、自分の書いた英文を添削してくれるツールはありません。
AIの翻訳機能も、決まった英文しか提供してもらえず限界があります。

添削には丁寧な解説が必須です。つまりライティングの添削は、人間しかできません。

添削をしてくれる人間が「見える」会社を選ぶことが大事です。

英文ライティングを上達させるには 添削しかない!TEAPや英検3級以上必見

もくじ

  1. ライティング上達は、独学では無理
  2. ライティングの英文添削サービスの比較のしかた
  3. おすすめの英文添削サービスはこちら
  4. 英文添削サービスは、アイディーがお勧めの理由
  5. ライティングサービスのお得な使い方
  6. 英語添削アイディーの受講は今すぐ簡単に受けられる

ライティング上達は、独学では無理

TEAPや、英検のライティング対策するときに、独学でやろうとする人がいますが、はっきり言って添削を受けずに上達するのは無理です。

中学・高校に通っている生徒さんなら、お金を出して添削をしてもらう必要はありません。自分の書いた文章を遠慮せずに先生に見てもらってください。
筆者は公立中学校の英語教師をやっておりますが、英検を受ける生徒に週1でライティングを提出してもらってますが、本当に1回ごとに上達が目に見えるので、添削の重要性を感じます。

写真は、ある生徒に5回のライティングの添削を行ったものです。
上達が目に見えますよね。ちなみに1回目の添削では「白紙」でした。何を書いたら良いのかわからなかったそうです。

一回目・・・白紙

二回目(時間は1時間もかかっており、テンプレートを見ながらなんとか)

三回目(所要時間30分)

四回目(書いては消し、という行為も少なく30分かかりませんでした)

五回目(英検CBTなので、タイピングの練習もかねてパソコンでやってもらいました)

 

英語ライティングの英文添削サービスの比較のしかた

英検のライティングを添削してもらうには、「解説付きの添削専用のサービス」を頼みますが、注意が必要です。

講師の質は、TOEIC満点や英検1級保持者ということではありません。

いくら優秀で高学歴の講師であっても、教え方が上手とは限らないのです。
優秀すぎる社会人と中高生とでは、ライティングで「伝えたいこと」にすれ違いが生じます。

また、英検3級と準2級では、求められる語彙と文法が違います。英検のレベル・日本人の中高生の陥りがちな点を熟知した講師の添削でなくてはなりません。

おすすめの英文添削サービスはこちら

中学校の英語科の教師をやっている筆者が、いろいろと比較して一番おすすめだったのは英語添削アイディーです。

アイディーの添削は解説付きで、単語数50語500円台、100語で1000円台、質問は3つまで無料です。英検対策なら英検前の2か月ほど前くらいに週1で1か月間やれば、まあまあ上達します。

英文添削サービスは、アイディーがお勧めの理由

アイディーがお勧めの理由は、「明朗会計」というところです。

英文添削は明朗会計ではない会社が多く、会費や諸経費などで割高になることが多いです。
英検対策でのライティングは長期でやる必要がないと個人的に思っています。
なので、年会費は払いたくない!
短期や単発でできて、会費は無料のところがいい!

アイディーは、会費無料。
50単語の英文添削なら単発で約587円です。
この値段に1行1行丁寧にアドバイスしてくれます。
追加質問も3つまで無料で聞けます。

ちなみに、英検3級のライティングは40単語前後です。英検準2級では50~60単語なので、50単語越さないようにすれば、かなり安価です。

英検2級のライティングは、80~100単語の英文を書かないとなりませんので、単発で1174円前後となります。

ライティングサービスIDIYのお得な使い方

単発の添削よりも、もう少し力を入れないとという方は、英語添削アイディーで「1か月定期券」を購入するとお得です。

毎日添削してもらえますが、毎日50単語の英文を書くのはさすがにきついですよね。
2日に1回添削してもらえれば元が取れますので、一日おきに添削してもらい、翌日は添削してもらった文章を勉強すると効率的です。

定期は英検3級なら、解説付き6980円(月)のライトコース(50語)で十分です。

英語添削アイディーの受講は今すぐ簡単に受けられる

①「入稿設定」の画面で、「持ち込み英文」を選びます(準2級例題)(3級例題

②「学べる添削」を選択

③講師の選択は「英語専門家日本人」を選択

④先生のプロフィールを選びます。(指名無しでも)

*指名講師の一覧では、プロフィールのところに「お客様の声」があり、実績などを知ることができて心配いりません。

⑤自分の英文と、その日本語訳を入力

⑥メッセージのところに、英検●級の添削という旨と、問題文を写すと良いです。

⑦質問があれば3つまで無料で聞けます

➇入稿完了

⑨24時間少々ほどで、丁寧な解説付き添削が送られてきます。

⑩それを参考に、一度自分で英文を書き直してみる