英語で~番目 序数の覚え方 ポイントはたった【5つ】

English

ランキングなどで、10位、9位、8位・・・など「何位」を表したり、 日にちをいうとき、月の「何番目」を表す数字のことを「序数」と言います。

英語では基本的に数字をスペルアウトして、後ろにth をつけると序数にすることができます。

ところが、不規則のものが少しあります。

ポイントはたった5つ。 これらをおさえれば、序数は楽勝です。

英語で~番目 序数の覚え方 ポイントはたった【5つ】

もくじ

  1. ninth 9番目
  2. twelfth 12番目
  3. twentieth 20番目など 一の位が0(40番目はさらに注意)
  4. fifth 5番目
  5. first, second, third 1番目,2番目,3番目 (および一の位が同様のもの)

9番目は、ninth

nine を序数にするには、eを消してthをつけます。

9は nine と書くけれど、
[9番目]は、ninth ◎
✖  nineth  ← e を消して th をつけましょう。

12番目は、twelfth

12を序数にするには、vをfに変えて、thをつけます。

12 は twelve と書くけれど、
[12番目]は、twelfth ◎
✖ twelveth ← vをfに変えましょう。

20番目など一の位が0のときは y→ ieth

20から90までの 9個の一の位が0の序数は、ちょっとややこしく、yをけして ieth をつけます。

20や30は、twenty, thirty と書くのに、
[20番目][30番目]は、twentieth, thirtieth  
✖ twentyth, thirtyth ← y を消してieth をつけましょう

40番目は、 fortieth

40は序数にする前にまずはこれを確認。
4は、 four と書くけれど、40は  forty と、uが消えます。

さらに 一つ上で解説したとおり、一の位が0の序数ですので、yが消えて ieth となるので、
[40番目]は fortieth
✖ fourtieth ← u を消しましょう。
✖ fortyth  ← yを消して ieth をつけましょう。

5番目は、fifth

5を序数にするには、v を f に変えてth をつけます。発音も ヴ の発音がなくなりフィフス となります。

5は fiveと書くけれど、
[5番目 ] は fifth
✖ fiveth ← v をf に変えましょう。

1番目、2番目、3番目は 
first , second , third

1,2,3 を序数にするには、th をつけるのではなく、完全に姿を変えます。これは頑張って書いて練習するしかありませんが、野球をやっている人にはなじみがあると思います。

1,2,3は one, two, three と書くけれど、
[1番目]、[2番目]、[3番目]は first , second , third
✖oneth, ✖twoth, ✖threeth ← 不規則なので覚えましょう。

*同様に 一の位が1、2、3が付く序数は,同様に変化します。

  • 21番目 ⇒ twenty-first
  • 102番目 ⇒ one-hundred-second
  • 1003番目 ⇒ one-thousand-third

プリティシュート 英語フレーズ集 サッカー好きにおすすめのドラマ

【まとめ】英語で~番目 序数の覚え方 ポイントはたった【5つ】

序数は不規則の5点をおさえておけば、その他の序数は簡単! あとはすべて数字のスペルさえできれば、それに単純に、th をつけるだけです。

「間違える率ナンバーワン」に輝いたのは、
ninth
でした。 おやじギャグ的な覚えかたを紹介します。

  • 「ナインスに e はないんス!」



Read Later