complain of, complain about 違い【例文】

English

complain 「不平を言う」の単語を使うときに

 ●complain of ~

 ●complain about ~

後ろにつく前置詞が of なのかaboutなのか、迷ってしまいます。

実はどちらでもいい場合、使い分けしなくてはならない場合とあります。

とてもシンプルなので、この場でマスターしてしまいましょう。

complain of, complain about 使い分けと例文

もくじ

  1. 「文句を言う」complain of, complain about
  2. 「~の病状を訴える」complain of
  3. complain と和製英語

「文句を言う」complain of, complain about

「文句を言う」と意味ならば、of も about もどちらを使用してもほぼ意味は同じです。

  • My mother complains about my test score. 母は僕のテストの点数について文句を言います。
  • My mother complains of my test score. 母は僕のテストの点数の文句を言います。

「~の病状をうったえる」complain of

complain は「症状を(病気の)うったえる」と
いう意味もあります。 この場合は、complain of ~ のみが正解となります。 

  • The patient complains of headache. 患者は頭痛を訴えている

complain と和製英語

日本語のカタカナ語で「クレーム」は和製英語です。
「苦情を言う」の意味では complain をつかいましょう。

詳しい記事 クレーム claim・クレーマー claimer の意味は苦情・常習苦情客ではない 

【まとめ】complain of, complain about 違いと例文-不平を言う

  1. 「文句を言う」complain of, complain about
  2. [~の病状を訴える」complain of



Read Later