sorrow, sad, grief, mourn, distress 違いと意味【例文】

English

「悲しむ」「悲しみ」を表す単語はいろいろあり、どれも使い分けの範囲ががはっきりしています。

複数ある「悲しみ」を表す単語の中から、代表的な4つについて解説していきます。

本記事では、悲しみに直面した友人に言葉をかけるときに、適切な表現を学ぶことができます。

sorrow, sad, grief, mourn, distress 使い分け

  1. sad, sadness
  2. sorrow
  3. grief
  4. mourn
  5. distress

sad, sadness  悲しい 悲しみ

sad(形容詞) sadness(名詞)

✅ハッピーで無い状態、upset 残念な気持ちなども含む広い範囲の「悲しい」「悲しみ」です。
✅より強く悲しいを表現する場合、sad にvery や so をつけることができます。→ so sad

  • It is sad losing my wallet. おサイフを落として残念だ
  • I feel sad since my loss of Mom. 母が亡くなってからずっと悲しいの
  • The news of the accident made me sad.事故のニュースを聞いて遺憾だ

sorrow (名詞) 悲しみ

sorrow (名詞)

✅sorrow は、失恋、死別・事故・倒産・裁判で負けるなどよって生まれる「深い悲しみ」です
✅より強い悲しみを表すには、great や deepをつけます。→great sorrow

  • She is in sorrow from broken heart. 彼女は失恋の悲しみにいます

grief (名詞) 別れの悲しみ

grief (名詞)

✅griefは、大事な人とのお別れの「悲しさ」です。(必ずしも死別とは限らず、離別・離婚などシリアスな別れ)
✅より強い悲しみを表すには、great をつけます。→ great grief

  • Her running away from home was a great grief to her parents. 彼女の家出は、両親をひどく悲しませた

mourn (動詞) 死別を悲しむ

mourn (動詞)

✅mourn は死別を悲しむ・死を弔うという意味です。
✅Sympathy Card (お悔やみカード)の言葉に登場する単語です
→参考記事お悔やみ申し上げます sympathy        

  • She is mourning the loss of her mother. 彼女は、お母さんを失い悲しんでいる

distress(名詞 )苦悩、苦痛

distress 名詞

✅苦悩や問題によって生まれる「苦痛や苦悩」です。
✅stress と 見た目が似ていますが、意味が違います。distress は悲しみや苦しみを表しますが、stress は緊張感だけです。
✅精神的な、肉体的ななど種類をつけることが多い→mental distress, bodily distress
✅強調するときは、deep や great をつけます

  • He is suffering mental distress. 彼は精神的な苦痛を味わっている

2日間の短期集中英会話キャンプ【 English Boot Camp 】

【まとめ】sorrow, sad, grief, mourn, distress 意味

  1. sorrow 深い悲しみ
  2. sad ハッピーでない
  3. grief 死別や離縁の別れの悲しみ
  4. mourn 死別の悲しみ
  5. distress 苦悩・苦痛



Read Later