look, see, watchの違いと使い分け

English

テレビを観る、映画を観る、子どもを見る、足元を見る、など「見る」にもいろいろあります。 この記事を読んでいただければ、すぐにどれを使うのかを迷わず瞬間的に出てくるようになります。

look, see, watch 違いと使い分け

  1. look
  2. see
  3. watch

look

「見る」
自発的に視線を向けるイメージ
たいてい look at ~ の形で使います。

  • look! 見て! (視線を向けて見てごらん)

see

視覚としてとらえる「見える」
目に飛び込んでくる

  • I didn’t see him yesterday.  昨日は彼を見なかった

会う  see, meet, come across, run into, encounter 違いと意味-

watch

注意して「見る」「観る」 
テレビや試合 漠然としてみるseeとはちがい、動きのあるものを見る

  • watch-dog 番犬 
  • watch your step 足元に気を付けて(よく見て)
  • Watch out! 注意して!(良く見なさい)
  • watch my baby  赤ちゃんを見守る

映画は see 、テレビは watch

see a movie 映画を見る
watch TV テレビ番組を見る
✅ 映画は、画像が目に飛び込んでくるイメージ➡ see
✅ テレビは、意識を向けて画像を見るイメージ➡ watch

2日間の短期集中英会話キャンプ【 English Boot Camp 】

【まとめ】look, see, watch 違いと使い分け

  1. look 自発的
  2. see 目に飛び込んでくる
  3. watch 注意して見る



Read Later