おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

タグ:英語 挨拶が付いている記事一覧


English 知恵袋

手書きのEMSラベルなどでは郵便物が送れなくなりました。2021年からアメリカあては手書きのラベルは出せません。事前登録し、通関電子データで送り状をプリントアウトしなければいけなくなったのです。この国際郵便マイページサービスを利用するのにいろいろな選択項目があり、複雑です。

English 知恵袋

クリスマスカードは今すぐ出しましょう。クリスマスプレゼントは今日にも買いにいって今日出しましょう。郵便局窓口へ行ってクリスマスカードはいつ頃出したらいいですかと問い合わせました。今すぐです。今出してぎりぎりつくかどうかというところですが答えでした。Fedexのほうがいいのかなども調べました。

English

Let's カジュアルに誘う 中学校で習った表現のほかに Why don't we/Why don't you など、カジュアルに誘う、提案する上品な表現 を使い分けましょう

English 知恵袋

クリスマスカードのお作法についての記事 準備、送るタイミング 書き方 非キリスト教の友人へ、喪中の友人へ 封筒の宛名の書き方 安く送る裏技

English

英語で「~を望む」と表現するときに hope を使ったらよいのか、wishを使ったらよいのか迷いませんか? 日本語では同じ意味に感じますが、実は、wish と hope の使い分けははっきりとしています。 間違って使うと、ちぐはぐな文章になります。 一言で説明するとすれば、「何を」望むかでwish とhopeを使い分けることがポイントです。 wish hopeは、名詞にもなりますが、そのときに、可算、不可算という違いもあるので、やっかいです。 さらに、望むという英語は「long」もあるので混乱の極みです。

English 知恵袋

仏教国日本のほうがしきたりが強い 欧米在住の方はSympathy Card, メールでお悔やみを伝えるだけの方は、言い回しに注意 香典を贈る地域もあり。 クリスマスカードはいつも通り

English 知恵袋

日本ではお礼やお返しなどは物を贈ることが多いですね。 欧米では、なにかというとグリーティングカードを送ります。 SNSが主流になってきた今でも、「紙」のグリーティングカードはすたれる気配がありません。 誕生日やクリスマスとは言わず、あらゆる機会に贈られるグリーティングカード。 市販のカードに一言添えて送りましょう。