おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

トラベラーズチェック TC の換金方法 旧姓でも大丈夫 

知恵袋

断捨離をしていたら、30年以上前に使ったトラベラーズチェックの残りを発見しました。

昔は、海外旅行と言ったら「トラベラーズチェック」でしたが、海外旅行とかけ離れた生活を送っていたらいつの間にかその時代は終わっていたのです。

ただの紙切れにしないために、調べまくりいろいろな銀行を当たりました。

旧姓でサインしてあるこのトラベラーズチェックを換金してもらいました。(厳密には換金ではなく買取りですが)

この記事では、トラベラーズチェックの換金方法を知ることができます。

トラベラーズチェック 旅行小切手 TC 換金方法 旧姓でも大丈夫

もくじ

  1. トラベラーズチェック換金 まずは種類を確かめよう
  2. アメックスのトラベラーズチェック
  3. ビザのトラベラーズチェック
  4. マスターカードのトラベラーズチェック
  5. シティコープのトラベラーズチェックははみずほ銀行で
  6. 日本では換金できない、最後の手段
  7. 旧姓のトラベラーズチェックの換金
  8. 必要書類
  9. 注意事項 金額上限

トラベラーズチェック換金 まず種類を確かめよう JTB発行のものは

トラベラーズチェックの種類を見極める必要があります。
種類によって、それぞれ違う銀行が買い取ってくれるからです。
次の3つの点を確認してください。

✅AMERICAN EXPRESS, VISA, MASTER, CItycorpどのクレジット会社のロゴが入っていますか。

✅発行はどこですか?
日本の銀行?海外の銀行?またはJTBなど旅行代理店が発行?
クレジット会社の近くに小さい文字で「発行銀行」が記されています。

日本の会社や銀行発行であれば、その銀行にて買い取ってもらえるはずです。(吸収合併している銀行でもたどって現在の銀行であれば大丈夫です。)

✅TCを発行したときの、購入証明書でも、購入したときついてくる印字式の使用記録表などとってありますか?(なくてもなんとかなりますので大丈夫)

✅ドル建て?またはその他の通貨?
米ドル、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドル、カナダドル、スイスフラン、日本円は換金できます。それ以外は日本では換金不可のようです。

アメックスのトラベラーズチェック

アメックスのトラベラーズチェックであれば、発行銀行にかかわらず換金できます。

発行銀行に行くのが一番早いですが、お近くにない場合、SMBC信託銀行プレスティアで買い取ってもらえます。
口座がなくてもやってもらえました。

店舗がお近くにあるかどうか、調べてみてください。
ちなみに、私は遠かったのですが豊島区池袋支店でお世話になりました。

ビザのトラベラーズチェックを換金

Visaの場合は、発行銀行で買い取ってもらうしかありません。

日本の銀行以外では、インターペイメント とバークレイズ発行のものでしたらトラベレックスで可能性があります。

トラベレックスは、主要空港とターミナル駅に店舗がありますが、ターミナルでも閉鎖されているところも出てますのでHPに載っていても電話確認必須です。

それ以外の発行のものでは、日本国内では換金不可能です。

マスターカードのトラベラーズチェックを換金

Masterの場合は、発行銀行が日本の銀行であればその銀行で買い取ってくれます。

第一勧業銀行・富士銀行ならみずほ銀行が買い取ってくれます。

日本の銀行以外の発行のマスタートラベラーズチェックは、日本国内では換金不可能です。

私は海外銀行発行のマスターズカードトラベラーズチェックも持っていたので、調べまくり聞きまくりましたが日本ではできないことがわかりました。

でも絶望するのは早いです。
同じ状況の方は、次に読み進めてください。

シティコープのトラベラーズチェックははみずほ銀行で換金

シティーコープのトラベラーズチェックで、「みずほ銀行・第一勧業銀行・富士銀行」のいずれかが発行銀行であれば、みずほ銀行が買い取りをしてくれます。

これ以外の銀行発行のものは、日本では換金できません。

でも絶望するのは早いです。
同じ状況の方は、次に読み進めてください。

日本では換金できないトラベラーズチェックの 最後の手段

日本で換金不可能のトラベラーズチェックとは、海外の銀行の発行のものと、アメリカンエクスプレスのものだけになります。

私も長期在米滞在中に作ったドル建てのマスターカードのトラベラーズチェックがあり、困っていました。

アメリカの銀行に電話で問い合わせをしました。
アメリカの普通の町の銀行では、トラベラーズチェックも普通の小切手と同じ扱いで、いとも簡単に換金できることがわかりました。
さすがは小切手王国です。

海外に口座を持っているご友人がいれば、小切手にサインをしてエアメールで郵送すると、その口座に金額が入ります。だいたい2週間以内に入るはずですので、ご友人から現金を受け取ればいいですね。

また、旅行の予定がある人は、そのときに銀行に寄ってみましょう。買い取ってくれます。
ただし身分証明書はなんどきでも必要です。

T/Cの持ち主が本人でない場合、たとえば亡くなられた親のものだった場合などは「Endorsement」(裏書)と言って、小切手の裏にあなたのサインをします。
するとその小切手があなたに譲渡されたことになり、これで銀行で換金できます。

旧姓のトラベラーズチェックの換金

旧姓の頃のパスポートと現在のパスポートを換金の銀行へもっていけば簡単です。
パスポート番号が一致しますので問題ないのです。

銀行によっては戸籍謄本を見せてほしいと言われるかもしれませんので、事前に電話をして確認したほうがよいです。

トラベラーズチェックを換金するのに必要書類

銀行で換金の場合、どのような理由でTCを購入したかを必ず聞かれます(例、旅行・仕事など)「テロに関係していない」とう確認なのでこれを見ている人はまず大丈夫です。

その銀行に口座があり、その口座に振り込んでもらう場合、通帳をもっていれば、身分証明書は求められません。
でも念のために保険証など持って行ったほうがいいかもしれません。

私はパスポートやマイナンバーなどいろいろと持っていきましたが、保健証だけでこと足りました。

トラベラーズチェック換金の注意事項 金額上限・レートなど

  • 換金する合計金額が一日に80万円までだとか、100万円までだとか銀行によって決まっています。金額が大きい方は必ず事前に銀行に聞いてください。
  • 銀行によってはアポイントメントが必要なところがあります。
  • 2021年以降は外貨取り扱いの銀行が激減しています。
    以前に存在していた外貨取り扱い銀行はなくなっている可能性がありますので、事前にご確認ください。
  • 外貨両替所では、トラベラーズチェックの取り扱いはありません。
  • 発行銀行であっても、「外貨両替」を行っている支店のみで換金が行われます。
  • 為替レートや手数料を気にしている場合ではありません。
    紙切れと化すわけではありませんが、年々換金してくれる場所が減っています。
    この際、気にしないで、なるべく早く換金することを優先させることをおすすめします。

トラベラーズチェック 払い戻しの方法【まとめ】

  • トラベラーズチェックを換金するなら今すぐに レートは気にしない
  • 記載の銀行にもっていけばまず大丈夫
  • 銀行に行く前にアポが必要かなど電話で確認。
  • 最後の手段もあるが手数もかかる
  • 一番簡単なのは、海外旅行のときに換金すること(日本が一番難しい)