おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

leave と forgetの使い分け「忘れる」

English

「財布を忘れた」を英訳してくださいと言うと、9割の生徒さんが
I forgot my wallet.
と答えます。

文法的には正解なのですがネイティブはこう言いません。

どうしてでしょう。
forget は「忘れる」なのですがその存在を忘れたわけでなく、財布を「置いてきた」のであるというところがポイントです。

leave と forgetの使い分け「忘れる」

もくじ

  1. お財布を置き忘れました を英語で
  2. forget を使うとき
  3. 日本語を直訳しないのがコツ

お財布を置き忘れました を英語で

「お財布を忘れた」と言うときに、ネイティブは、
I forgot my wallet. 
と言いません。

財布を「忘れた」のではなく、「財布を持ってくること」を忘れたのですよね?
forgetを使うのであればto bring を入れてあげなければいけません。

  • I forgot to bring my wallet. ◎
    財布を持ってくるのを忘れた。
    *これが正解となります。または、
  • I left my wallet (at home). ◎
    (家に)財布を置き忘れた 

 *leave  (過去形 left)

「忘れた」=forget であっている例

「あなたの名前を忘れた」というようなときは、もちろんforget一択です。

  • I forgot your name.
    あなたの名前を忘れました

日本語を直訳しないのがコツ

日本語の特徴として、目的語を省略する場合が多々あります。
そのため、私たちは英語に直すときに間違いやすいのです。

英語に翻訳する前に、いったん、日本で目的語を明確にするという作業が必要になります。

  • 「財布を忘れた」→(もってくるのを)を省略された日本語
  • 「これにします」→(選ぶことに) を省略された日本語

leave と forgetの使い分け「忘れる」【まとめ】

  • I forgot my wallet. ✖
  • I forgot to bring my wallet. OK
  • I left my wallet (at home). OK
  • I forgot your name. OK