おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

listen, hear, ask の違いと使い分け ヒアリングは和製英語

English

聞くには、英語で3種類の言葉があります。
この「聞く」の単語は「聞こえる」「自発的に聞く」「たずねる」で、使い分けが必要です。

日本語の「ヒアリング」という言葉は実は和製英語ですので、通じないことも覚えていてください。
この記事は1分もあれば読めます。
ぜひlisten, hear を迷いなく使いわけられるようになっていただきたいです。

listen, hear, ask「聞く」の違い

  1. hear
  2. listen
  3. ask

hear 聞く 聞こえる

hearは、「聞く」「聞こえる」 音が勝手に耳に飛び込んでくるイメージ

したがって日本語でつかわれる「ヒアリング 」はへんてこ和製英語です。「話を聞く」は、”listening “でなくてはいけませんね。

✅hear の活用・・heard, heard

  • Can you hear me? 私の声が聞こえますか
  • Hearing test. 聴力検査
  • I heard about you. あなたのことは聞きました

listen 聴く

listen は話に「耳を傾ける」、音楽などを「聴く」 
主体的に聴くことです。

必ずlisten to ~ の形で使います。
英語の聞き取りのテストを、 listening test と言いますよね。
(hearing test 聴力検査 と混乱しないように

✅listen の活用・・listened, listened

  • listen to the music 音楽を聴く
  • listen to the speech 演説を聴く

ask 聞く、たずねる

askは尋ねると言う意味があります。
用法は次の2つです。

①わからないことを「聞く」「たずねる」「質問する」

ask の活用・・asked, asked

  • Ask me any question. 私にどんなことでも聞きなさい
  • Can I ask you something? ちょっと聞いていいですか?

②ask for で「たずねる」

  • I have something to ask for.

listen, hear, ask 使い分け【まとめ】

  • hear キク 音が飛び込んでくるイメージ
  • listen キク 耳を傾ける
  • ask キク 尋ねる