salary, wage, pay 違いと使い分け

English

英語で「給料」を表す単語に、salary, wage, pay の3つが代表的なものになります。

salaryは 日本語の「サラリーマン」で皆さんおなじみの単語ですね。

これらの3つの単語には使い分けが必要になります。 
難しくないので、ぜひこの記事を読んでマスターしてください。

salary, wage, pay 意味と不可算/可算

  1. salary
  2. wage
  3. pay
    -paycheck

salary 給料

salary (会社員や公務員に支払われる)給料や給与のことです。
日本では月給が主流ですが、アメリカでは、月2回(semi-monthly salary )という会社もあります。 

✅給料の額が多い少ないという場合は、large / small あるいは high/low という形容詞で修飾されます

✅通常は、不可算名詞です(salaryを具体的に言うときにのみ可算)
例:

  • a basic salary 基本給
  • average salary  給料の平均
  • increase a salary 給料を上げる
  • a substantial salary 世間並みの給料

wage 日給・手当

(肉体労働、手作業業務に対して払われる)日給や手当てのこと。
通常wages と複数形で表すことが多いです。

✅額が多い少ないという場合は、large / small あるいは high/low という形容詞で修飾されます。

✅可算名詞です

  • daily wages 日給
  • minimum wages 最低賃金
  • at wedges of $50 a day 一日50ドルの賃金で
  • wage increase 賃金引上げ ← 複数にならない

pay  支給

支給する(動詞)・ 支給(可算名詞)
広い意味での報酬という意味なので、salary 給料も wages 日給も包括します。わからなくなった時はこちらのpayを使えば間違いはありません。

✅payの額が多い少ないという場合は、large / small あるいは high/low という形容詞で修飾されます

  • a pay raise 賃上げ
  • pay day 給料日
  • take-home pay  手取り
  • a pay cut  減給

高学歴欧米ネイティブ講師が指導!オンライン英会話ボストン倶楽部

paycheck

アメリカでは、個人でも小切手が日常的に使われています。
家賃を払ったり、ローンの支払いをしたりも小切手で支払われることが多いです。
同様に給料も小切手で渡される場合が多々あります。小切手のことを check と言います。 給料としてもらう小切手のことを paycheck と言います。

paycheckは数えられますので、単数なら a paycheck 、複数であれば paychecks となります。 
今日でも昔の名残で、給料のことをpaycheckと(振り込みの給料をもらっていたとしても)表現する人も多くいます。

参考記事 英語の 数えられる名詞と 数えられない名詞 / fruitは

【まとめ】salary, wage, pay 使い分け

  1. salary 給料
  2. wage 日給(肉体労働中心)
  3. pay 広い意味での賃金



Read Later