think of と think about の意味と違い

English

What do think of ~?
What do you think about~?

この2つの問いを同じだと勘違いし、ちょっとずれた発言をして恥をかいてしまった経験ありませんか? 

筆者は、米在住が長いにも関わらず、この違いに気が付いたのはかなりあとでした。

think of と think about の使い分け

  1. What do you think about ~?
  2.  What do you think of ~?
  3. I am thinking about you.
  4. I am thinking of you.

What do you think about ~?

  • What do you think about this plan? このプランについてどう思う?
    (このプランについての「広い意見」を求めています)

返答例:
I think this plan would save time, but it would cost a lot. 私はその案は時間を短縮できることができますが、経費がかかると思います。

 What do you think of ~?

  • What do you think of this plan? このプランについてどう思う?
    (このプランに「賛成か、反対」か または「可否」を聞いています)

返答例:I think this plan is the best. 私はこの案は最適だと考えます。

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)

WritingとSpeakingを両方学びたいならベストティーチャー(Best Teacher)

I am thinking about you.

  • I am thinking about you.
    「あなたについて考えています」

あなたとあなたを取り巻く周り全体にスポットが当たっていて、あなたをとりまく関連情報をふくめて広くあなたについて考えている、という意味になります。

I am thinking of you.

  • I’m thinking of you.
    「あなたのことを想っています」

恋人や親友が、あなたにだけスポットを当てて、想っています。 
[I’m thinking of you]に特化したグリーティングカードが売られているほど、重たい意味になりまして、間柄が近しい人にしか使いません。 

✅「恋人や親友に贈るカード」(I’m thinking of you)というものがあります。とても素敵な習慣です。プレゼントは品物より、こういう言葉のプレゼントもあります。 アメリカのグリーティングカード文化については、ぜひ過去記事をご一読ください。英語でグリーティングカードの書き方

think of youと think about you の違い 【まとめ】

  • think of ~のことを考える 1点にスポットライトが当てるイメージ
  • think about ~について考える 広くスポットライトが当てるイメージ

Read Later