patient persevere endurance 違い【例文】

English

patient
endurance  
persevere

「忍耐強い」という意味の名詞や形容詞はいろいろあるけど、どれを使ったらいいの?

肉体的な忍耐と、精神的な忍耐とで使い分けが必要なので、例文で確認してみましょう。

patient persevere endurance 使い分け

  1. patience/patient
  2. endurance/endure
  3. perseverance/persevere
  4. 「忍耐」の対義語

patience(patient) 忍耐、がんばり

patienceは「忍耐,忍耐力,がんばり」という意味の不可算名詞です。
(形容詞・・・patient)
人や動物の精神的な忍耐力のことで、苦痛や困難に対しての我慢です。

  • We have worked with patience. 我々は根気よく働いた
  • Did you lose your patience? 我慢しきれなくなりましたか
  • Young people should cultivate patience. 若者は忍耐力を身につけるべきだ
  • Have a little more patience もう少しの辛抱です

endurance(endure) 忍耐力

enduranceは「忍耐、我慢、忍耐力、持久力、耐久性」という意味の不可算名詞です。 
(形容詞・・・endure)

人や動物の肉体的な忍耐力や持久力、物であれば耐久性のことです。

  • All athletes required endurance. アスリートは粘り強さが必要とされる
  • Patience produces endurance. 忍耐は持続性をうむ
  • The best way to build endurance is jogging. 持久力をつける一番の方法はジョギングだ

perseverance(persevere) 粘り強さ

perseverance は「粘り強さ、忍耐力、根性」という意味の不可算名詞です。
(形容詞・・・persevere) 人の精神的な忍耐力や持続する根気や努力のことです。行動(努力)が伴うイメージです。

  • Perseverance is continuing to work toward a goal. 粘り強さとはゴールに向かって行動し続けることだ
  • Perseverance helps you get through the challenge, even though it’s hard. 粘り強さは、たとえ難しくとも挑戦に打ち勝つための武器になる

perseverance と patience の違い

patience が苦痛や困難に対しての忍耐であることに対して、perseverance はゴールや達成に向かっての粘り強さであります。
また、patience のほうはじっと耐えるというイメージで、perseverance は行動(努力)にフォーカスしています。

patience は、動物でも持っています。犬が報酬をもらうために芸をするなどはpatienceがあるということです。 
いっぽう、perseverance は人間だけがもつことができると言えるでしょう。

忍耐の対義語

忍耐の対義語(短気)についてはこちらの記事
short tempered impatient 意味と違い

【まとめ】patient persevere endurance 意味

  1. patience 精神的な忍耐
  2. endurance 肉体的な耐久
  3. perseverance 行動を伴う忍耐

Read Later