personality とcharacter の違い【例文あり】

English

「癒しキャラクター」

「すぐれたパーソナリティーの持ち主」

日本語にもなっている personality, characterは、似通っていて今ひとつはっきり定義を言うことができず、もやもやしていました。

簡単に言えば、personalityは「人格」、characterは「性格」という感じでしょうか。日本語でも、人格と性格ではちょっとニュアンス違いますよね。

personalityとcharacterは、ほかにも意味がありますが、今回は「人格」「性格」「気質」といった意味にフォーカスして比較していきます。

personality character identity の意味

  1. personality 意味と例文
  2. character 意味と例文
  3. まとめ personality と character 使い分け

personality 人格・性格

意味:人格・個性・性格 【不可算名詞】
 態度や振る舞いとして現れる部分の「性格」で」す。
 状況や判断される人々よって変わりうるもの。

✅「あなたの内面が世界に出しているところ」がコア

  • His personality is so sweet, and everybody loves him. 彼はとてもやさしいので皆彼が好きだ
  • Her hand-writing reveals her personality clearly. 彼女の筆跡には彼女の性格がよくあらわれている

character 性格・気質

意味:性格、性質、気質、特質、特性、特色、人格 【不可算名詞】
必ずしも個人について用いられるとは限らず、集団・国民性・動物・非生物に対しても用いられます。 

✅基本的に「変わらない」部分、「あなたの内面そのもの」がコア

  • She has a cheerful character. 彼女は陽気な性格をしている
  • The three brothers are quite different in character. 3人の兄弟は性格がかなり違っている
  • He is quite a character. 彼はおもしろい人だ

◎7日間無料◎話すだけでは英語力は伸びない科学的なオンライン英語トレーニング

【まとめ】personality とcharacter の使い分け方

character は、一般的な用語としての「性格」であり、周囲との関連性に関する文章があってもなくても、使えるのです。要するに、広い意味があるのがcharacter です。

これに対しpersonality は、周囲に与える影響や関係をかもしだす「性格」であります。たとえば、この文章のように
I really love your personality. 「ほんとうにあなたの性格が好きだ」
対人関係の中での性格を表しているため、personality を用いています。

日本語で使っているキャラクターと パーソナリティーは、英語と少し「ずれ」があるのがおわかりでしょうか。

とはいえ、正式な翻訳や試験でなければ、この微妙な違いについて神経質になる必要はありません。

Read Later