否定文では and ではなくor が正解「~も~ない」

English

I will not escape or hide.  私は逃げも隠れもしません

この文章で羅列なのに、escape とhideは”and ”がつかわれる代わりに、”or”が使われるのはなぜ?と思いますよね。

つまりor は否定文においては、「~も」という「付けたし」の意味になるのです。

ここは、日本人ならだれもが一度は間違えるはずです。うっかりor のところをand にしてしまうと、違った意味になってしまうので注意しましょう。

否定文では and ではなくor が正解「~も~ない」

もくじ

  1. 英語で何て言う?「飲食禁止」
  2. 英語でなんて言う?「飲酒運転をしません」

英語で何て言う? 「飲食禁止」 

  • ◎ Do not eat or drink here. ここでの飲食禁止
  • ✖ Do not eat and drink here. ここでの飲食禁止

日本語の「も」に惑わされると ”and”と書いてしまいそうになりますが、”or” が正解です。

英語でなんて言う?「飲酒運転をしません」

  • I don’t drink and drive. 飲酒運転はしません

あれれ?否定文の羅列はor にするって言ったじゃない?という声が聞こえてきます。

この”drink and drive”は、「飲酒運転」としての決まり文句なので、切り離すことができず「一語として考える」ため、and はorに変えません。

【QQ English】4倍速で英語脳になる「カランメソッド」の正式認定校

【まとめ】否定文では and ではなくor が正解「~も~ない」



Read Later