おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

soon, shortly, before long, immediately の違い【例文】

English

“It’s coming soon.”

これからオープンする新しいお店のドアこの張り紙を見つけます。
この soon は来週なのか来月なのか、一体いつなのでしょうか。

「すぐに」を意味する代表的な表現は6種類あります。
どのように使い分けるのかを解説していきます。

意味的にこの3つにわけることができます。
soonとbefore long ・shortly ・immediatelyとright awayとat once 

では比較していきましょう。

soon, shortly, before long, immediately の使い分け

  1. soonとbefore longの違い
  2. shortly
  3. immediatelyとright awayとat onceの違い

soon とbefore long の違い

soon と before long はほぼ同じ意味で「すぐに」「じきに」です。

「話し手の主観的な感覚」で決まり、幅があいまいです。話し手のsoonが24時間以内という感覚でも、聞き手のsoonが1時間以内の感覚がいたなどと、聞き手とのギャップがうまれることが多々あります。

soonのあいまいさを利用して、はっきりした時期が定まっていない開店予定の店舗に”coming soon”と張り紙をすることがよくあります。 

shortly

shortlyの意味は「間もなく、すぐに」です。基準のない「すぐに」なのであまりビジネスシーンでは最適ではありませんが、soonよりshortlyのほうが堅めな表現です。

さまざまな時制で使われ、文頭につけることも、文末につけることもできます。

  • You will be answered your question shortly. あなたの質問に間もなくお答えいたします

immediatelyとright awayとat once の違い

本日紹介した「すぐに」の単語の中では、immediately, right away, at once がより短時間、間髪いれない「今すぐに」のニュアンスをもちます。

  • We will start it immediately. 私どもはすぐにそれを始めます
  • I’ll do it right away. すぐにいたします
  • Come here at once. すぐここに来なさい

無料体験実施中!話題の英会話カフェLanCul

【まとめ】soon, shortly, before long, immediately の使い分け

  • soonとbefore long はあいまいな 「すぐに」
  • shortly は堅い表現の「すぐに」
  • immediately, right away, at once 間髪いれない「今すぐに」