タグ:英語面接が付いている記事一覧


English

対話形式で、堅苦しくなく「やり直し英語」の人にはぴったりの読みやすい本です。英検の面接には使えるものが多く、英検の二次対策にもおすすめです。ほかの英語解説書にはない、英語を話せるようになる「考え方」を語っています。この考え方を変えていくだけで英語が変わり、結果を出していけます。

検定

準2級の二次は90%が合格です。10%の人が落ちますが原因は聞き返すことではないのです。出題がワンパターンなので、「テンプレ(型)」さえ身につければOK. 英語講師や試験官を務める筆者がつくり、実際に生徒に使ってもらいながら進化させたテンプレをぜひ使ってみて下さい。

English

「とても」と強調の意味を表すveryって便利ですよね。つい,いろいろな場面で使ってしまいます。 でも、veryがつけられない形容詞もあります。veryの言い換えを知っているだけで、あなたの英語がワンランクアップすることをお約束します。

English

would は will の過去形だと習いました。確かにそれは文法的には正解です。でも、ネイティブが使う would は、will の過去形以外で使われることがほとんどなのです。 I would say ~ についてを解説しました。この意味は「私は~と思う」になります。ネイティブが良く使う表現です。

English 知恵袋

How are you?と聞かれて,Fine, thank you.とこたえるのは日本人だけです。日本にいる英語の先生が死んだ英語を教え続けてきた証です。言葉は生きています。日々進化しているのです。I'm fine. と答えるネイティブは現代ではいません。fine はどちらかというと冷たい、ネガティブ寄りになり下がりました。

English 知恵袋

英語では「1/4」の概念が日常生活に根付いておりよくquarterという言葉を耳にします。アメリカでは、小さな区切りを表す場合、4分の1の単位で区切るのが主流です。quarterはお金や時間でも使えます。ちなみに混血の意味のクオーターやハーフは和製英語で、

English

ファイトやバトルは日本語になっていておなじみですが、日本語では使い分けはしません。 英語では、この2つはちょっと違います。使い分けの法則は複雑ではないので、この短い記事をお読みいただくだけで理解できますよ。fight battle combat

English

学校で may はmight の過去形だと習いました。ところがネイティブは、過去とか現在とかではなく、微妙なニュアンスの違いで使い分けています。辞書ではわからないことなので、ぜひ本記事をお読みいただけたら、と思います。

English

英語で「給料」を表す単語に、salary, wage, pay の3つが代表的なものになります。salaryは 日本語の「サラリーマン」で皆さんおなじみの単語ですね。これらの3つの単語には使い分けが必要になります

English

wish と hope は望んていることが現実的か、非現実的かで使い分けます。wish も hope も名詞にもなります、不可算名詞、可算名詞という大きな違いもあります。longは長いという意味だけでなく動詞もあります