おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

タグ:英語面接が付いている記事一覧


検定

英検の二次試験の合格率は90%合格率は高いですが、英検二次試験の対策は簡単な練習をしましょう。 出題がワンパターンなので型さえ身につければOK.英検は満点はとらなく良いのです。 英語講師や試験官を務める筆者の秘密の型でたくさんの生徒に英検準2級合格に導いてきました。参考書に書いてないことも含めてシェアしています

English

「とても」と強調の意味を表すveryって便利ですよね。日本人はつい,いろいろな場面で使ってしまいます。 でも、veryがつけられない形容詞もありますので注意です。また、veryの代わりのことばを学ぶことによって、あなたの英語がワンランクアップすることをお約束します。

English

would は will の過去形。文法的には正解です。 でも、ネイティブが使う would は、will の過去形以外で使われることがほとんどなのです。 I would say ~ についてを解説しました。この意味は「私は~と思う」になり、I think ~ と同じ意味でネイティブが良く使う表現です。

English 知恵袋

How are you?と聞かれて,Fine, thank you.とこたえるのは日本人だけです。日本にいる英語の先生が死んだ英語を教え続けてきた証です。言葉は生きています。日々進化しているのです。I'm fine. と答えるネイティブは現代ではいません。fine はどちらかというと冷たい、ネガティブ寄りになり下がりました。

English 知恵袋

英語では「1/4」の概念が日常生活に根付いておりよくquarterという言葉を耳にします。アメリカでは、小さな区切りを表す場合、4分の1の単位で区切るのが主流です。quarterはお金や時間でも使えます。ちなみに混血の意味のクオーターやハーフは和製英語で、

English

ファイトやバトルは日本語になっていておなじみですが、日本語では使い分けはしません。 英語では、この2つはちょっと違います。使い分けの法則は複雑ではないので、この短い記事をお読みいただくだけで理解できますよ。fight battle combat

English

学校で may はmight の過去形だと習いました。ところがネイティブは、過去とか現在とかではなく、微妙なニュアンスの違いで使い分けています。辞書ではわからないことなので、ぜひ本記事をお読みいただけたら、と思います。

English

英語で「給料」を表す単語に、salary, wage, pay の3つが代表的なものになり、使い分けが必要になります。salaryは 日本語の「サラリーマン」で皆さんおなじみの単語ですね。日本では月給が主流ですが、アメリカでは、月2回(semi-monthly salary )という会社もあります。

English

英語で「~を望む」と表現するときに hope を使ったらよいのか、wishを使ったらよいのか迷いませんか? 日本語では同じ意味に感じますが、実は、wish と hope の使い分けははっきりとしています。 間違って使うと、ちぐはぐな文章になります。 一言で説明するとすれば、「何を」望むかでwish とhopeを使い分けることがポイントです。 wish hopeは、名詞にもなりますが、そのときに、可算、不可算という違いもあるので、やっかいです。 さらに、望むという英語は「long」もあるので混乱の極みです。

English

クラスター オーバーシュート ロックダウン パンデミック・・・ グーグル検索に「オーバーシュート」と打ち込もうとするだけで「オーバーシュート意味」と検索ヒントの1位に現われます。 日本語に新たなカタカナ語がふえ、戸惑いながらも浸透しましたね。これらの これらの言語は和製英語なのでしょうか、それとも通じる英語なのでしょうか。 新型ウイルスの問題はどの国にも共通です。 他の国の方々とも情報交換していきたいものです。