おきがる英語ブログ 毎日すこしずつ

タグ:英単語覚え方が付いている記事一覧


English

people(人々)はすでに複数なのに、なぜpeoplesとさらに複数形になっているの? と疑問に思いませんか? peoplesとは「諸国民」というような意味です。 カテゴリーごとのpeopleを一つの固まりとして考えます。 team が集まって teams になることは、皆さんなじみがありますよね。

English

「消える」を英訳したいときに、調べると3つの単語が出てきて、どれを使ったらいいのか、悩みませんか? 今回は、「消える」の意味の、disappear, fade, vansh を比較し、使い分けを勉強します。 注目すべきは、「消え方」です。どんな風に消えるかで使い分けます。 1分で読める記事となっております。

English

particular, special, specific 形容詞 または、particularly especially specially副詞 は「特別の」「とりわけ」と同じような意味になります。これらは使い分けが必要です。 また文のどこに置いたら良いのかややこしく、 否定文になるとちょっとくせ者の単語です。

English

映画・歌詞で「スタンドバイミー」stand by me 「スタンドバイユー」stand by you と聞きますが、意味はご存じですか?これらの言い回しは、熱い友情や恋人の間でも使われるちょっと素敵なフレーズです。 stand は「立つ」という動詞ですが、このフレーズにおいてのstandは、精神的な意味合いをもつのです

English

「癒しキャラクター」「すぐれたパーソナリティーの持ち主」日本語にもなっている personality, characterは、似通っていて今ひとつはっきり定義を言うことができず、もやもやしていました。簡単に言えば、personalityは「人格」、characterは「性格」という感じでしょうか。日本語でも、人格と性格ではちょっとニュアンス違いますよね。

English

appropriate,proper,suitable は、「適正な」「適切な」と言う意味で、今一つ違いがはっきりとしません。 文章によっては使い分けが無い場合もあったりと、非常に使い分けが微妙でもあります。例文を比較してみるしかありません。

English

普通とは特別でないということ.点数なら良くも悪くもない。顔なら美しくても醜くもない。 料理ならまずくもおいしくもない。こんな感じの言葉を英語で表現したいときに使われる代表的な5つ。この記事の目的はそれらの違いがはっきりわかり、文章に一番適切なものを選べるようになることです。

English 検定

gift もpresent も同じような意味で、贈り物ですよね。「モノ」しか使えない・「モノ」でも「形のない行為や金銭のの場合とでは使い分けが必要です。

English

help は広い意味なので具体的な単語を補足する必要があります。例えば事故で人を助けたという時も、何を助けたのか、危険から遠ざけること?ケガの治療で?を補足するのです。いっぽう rescueはこの一言で危険から遠ざけたことが明確です。support や assist はhelp で言い換えることは可能

English

どう使い分ければいいのかわからないまた、finish ばかりでワンパターンから脱出できない、といったようなお悩みの方のための記事。finish は広い意味で「終える」だいたいはfinishで言い換えることができる。どの単語か迷ったときには、ゴールがあるのかないのかで判別できる